MENU

【増配効果】HDVの配当利回りシミュレーション(10年、20年、30年、40年)

HDVの増配ってどれくらいなの?
将来の配当金がどうなるか知りたい!

このような人向けにHDVの増配効果をシミュレーションしていきます。

目次

HDVの配当利回りシミュレーション

配当利回りは、3.23%(2022/05/14時点)です。
平均は3~3.5%程度を推移しています。

20年間保有時の配当推移シミュレーション

株価データは、2021年末の株価100.97ドル、年間配当金3.51を採用しています。

利回りの平均は、2012年から2021年までの増配率の平均値の6.12%を採用しました。


配当推移シミュレーションは次の通りです。

1株購入した場合は、5年後はすでに配当利回り4.68%まで上昇しています。

10年後は、6.30%の配当利回りになります。
6.30%だと個別株の中でもかなり利回りが高い銘柄と同等です。

20年後は11.40%の配当利回りが期待できます。
11.40%という利回りは超高配当ETFのQYLDと同等の利回りとなります。

今から20年後にFIREしたい人は、QYLDに投資しなくても、HDVに長期投資して長期保有しておけば20年後にQYLDのような超高配当銘柄を保有することができます。

さらに、HDVの場合は株価の上昇も見込めますから、安心して保有できます。

40年間保有時の配当推移シミュレーション


配当推移シミュレーションは次の通りです。

30年後には20%の配当利回りが期待できます。
40年後では37%の配当利回りとなります。

ここまでくると理想すぎますが夢がある数字になりました。
今から100万円を投資すると、40年後には毎年37万円(税引前)の配当金が入る計算です。

計算に使用した数字を参考に掲載しておきます。

まとめ

今回はHDVの将来の配当金をシミュレーションしてみました。

なんと、40年後には、配当利回り37%まで成長しました。
今すぐ100万円を投資すると、年間配当金37万円、累計配当金597万円という結果でした。

各年の配当利回りは次の通り。

 5年後   4.68%
10年後   6.30%
20年後  11.40%
30年後  20.66%
40年後  37.41%

5年後~10年後にFIREを目指している人は今投資すると、5~6%程度の利回りが目指せます。

資産の最大化にはインデックス投資がオススメですが、将来の配当収入の最大化のためには、配当利回りを育てていくという考え方もできると思いますので、検討してみてはいかがでしょうか。

一緒に米国株の長期投資楽しんでいきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア頂けると記事作成のモチベーションになります!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サイドFIRE目指して株式投資中
33歳サラリーマン
2020年投資開始
2022年から投資本格化
2027年に5000万円の資産目標
VTI投資家 #VTI

目次